日本茶の資格

日本茶のプロが求められています

今、多くの場面で「日本茶」が注目されています。
日本茶をテーマにしたテレビ番組や雑誌、書籍は反響を呼び、各地に「日本茶カフェ」がオープンするなど、
日本茶の持つ健康効果や味わい、くつろぎやおもてなしのイメージが見直されています。
また、2013年12月に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことから、
和食には欠かせない日本茶に、海外からの注目も集まっています。
その一方で、日本茶に関する専門的な知識や技術を持っている人は少なく、
日本茶のプロへのニーズは高まっています。

日本茶の資格

資格の種類

NPO法人日本茶インストラクター協会は、日本茶と消費者の接点となり、
日本茶文化の発展及び日本茶の正しい理解と普及を指導できる者を認定することを目的に、
1999年に「日本茶インストラクター等認定制度」を制定し、
「日本茶」に関する専門的な知識や技術を持つ「日本茶のプロ」を育成し、支援を行っています。
日本茶に関する資格は、2016年現在、次の3種類があります。

  • 日本茶に対する関心が高く、茶全般の知識及び技術の程度が、消費者の指導・助言やインストラクターのアシスタントとしての適格性を備えた初級指導者の資格です。 ※生活スタイルに合わせて、学習コースが選べます。

  • 日本茶の全てにわたる知識及び技術の程度が、消費者や初級指導者を指導する適格性を備えた中級指導者の資格です。 ※日本茶アドバイザー資格を持っていなくてもチャレンジできます。

  • 日本茶インストラクターとしての活動・経験を有し、日本茶に関する専門分野の知識及び技術の程度が特に優れた上級指導者の資格です。 ※日本茶インストラクター歴3年以上の会員が受験対象となります。

それぞれの資格を比較した一覧表はこちら(PDF)をご覧ください。